アルバイトに関すること

学生時代のアルバイトは、いろいろと経験するべきだと思います。私の意見としては、とくに厳しいバイトも経験するべきだと思っています。

昔は、バイトと言えば飲食店でしたが、最近はあまり人気がないそうです。バイトを確保できない外食店舗が閉店を余儀なくされていますよね。

人件費を抑えて利益を出してきた外食産業ですが、その結果低賃金というイメージが付いてしまったのかも知れません。いいのか悪いのかはわかりませんが、今の若い人は出来るでけ楽をして稼ごうとします。

だから建築現場などの厳しい現場では、どうしても人材が不足してしまいます。楽をして稼ぐこともいいですが、汗をかいて、肉体労働するのも気持ちがいいですし、とてもいいと思います。若者よ、楽することばかりを考えてはいけません。

先日、私はアルバイトの面接に行って来ました。新しくオープンするアパレルのお店で、そこのオープン前の準備という内容でした。

2週間程の短期のバイト募集だったので、結構気軽な気持ちで応募したのですが、面接をした後ちょっとした計算のテストがありました。

000=295+○○○で○○○を埋めなさい、という形で20問ほど、3分でやってくださいと言われました。

すごく簡単な足し算だと思うのですが、いきなりやってくれと言われると焦るものでした。しかも、面接官が一対一で目の前で座って見ているんです。

普段の計算なんて計算機を使っているし、295+357=○○○という形だと慣れているんですが、1000=という反対の計算式になると慣れていなくて、私はプチパニックに陥りました。こんな言い訳ばかりですが、なんとか計算した答えが全部正解していて、合格していると良いのですが。
[PR]
by gkiwzm | 2014-07-25 10:26
リニューアルしてちょっと使い辛... >>